田中博寿(通称ヒロ又はマロンプリン)は,何かの会社の社長で,出会いサイトで釣った独身女性から,投資名目や同棲するための引っ越し資金名目で金銭を詐取するという詐欺を繰り返す所謂色恋詐欺師。

以下は被害女性に送ったメッセージの原文である。
『27歳で独立して設計事務所をはじめ今は総合建築企業になりました。基本アミューズメント施設の設計建築を経営・・』
『凄くは無いです。皆さん同じです。世界が違うとか無いですから。ちょっと頑張ってみた結果です。あくまで結果論。普通に見てください。社長として付き合いたくは無いから普通の男性として見て欲しいです』
ポイントは「普通の男性として見て欲しいです」という部分。
一見すると,「普通に見てほしい」とお願いしているように聞こえるが,実は,
「私は普通じゃない。社長で凄い男だ。」
とアピールしている。
いずれにせよ口が達者なのは間違いない。

自称社長である田中博寿(通称仙台のヒロ)活動地域は主に宮城県,山形県。
貯金を取り崩させた後は,言葉巧みに消費者金融で借り入れをさせ被害者を借金地獄に落とす。
そして,「国税局の査察が入って口座が凍結された。」という嘘で生活苦を演じ,生活費を貸してほしいと言って小銭を要求するなど,社長から乞食へ凋落する。
当法人が委託している調査会社の調査員が,被害者女性に協力してもらって田中博寿をおびき出し,被害者が車内で証拠の会話を録音しているところに,頃合いを見計らって調査員がヒロに接触を試み,その数分後110番通報を受けた警察官が現場に駆け付けたところ,田中博寿は車のドアをロックし,被害者を一時監禁状態で現場から逃走。数分後に被害者は開放されたため監禁罪は成立しなかったが田中博寿はそのまま逃走。

【田中博寿の特徴】
通称名は「ヒロ」
LINEの登録名は「マロンプリン」
飼い犬の茶色のトイプードルがマロンとプリンだということに由来。
居住地は仙台市在住と思われる。
推定年齢50歳以上,色黒,髪型は短髪で体系はデブ。

好みの女性のタイプは柳原可奈子。
使用している車は白の「ランドクルーザー」でナンバープレートは確認済。
趣味はマリンスポーツ。宮古島にジェットスキーを保有しているらしいが被害者を騙す嘘だと思われる。
夏場はブルーのレンズのサングラスを愛用。
出身大学はなんと名門慶應義塾大学。
ラグビー部に所属していたとのこと。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です