泥酔させた女性に性的暴行を加えたとして、警視庁は8日、昭和大学病院内科医、金古政隆被告(29)(準強制性交罪などで起訴)を準強制性交容疑で再逮捕した。金古被告の逮捕は3回目。
 発表によると、金古被告は昨年12月18日深夜から翌19日未明、東京都品川区五反田のカラオケ店で、20歳代女性に無理やり大量の酒を飲ませて泥酔させ、当時住んでいた品川区内のマンション自室に連れ込んで乱暴した疑い。調べに対し、黙秘している。
 居酒屋で男女数人で飲食後、2次会のカラオケ店で女性に大量のウォッカや焼酎を飲ませていた。金古被告の携帯電話を解析したところ、この女性にわいせつ行為をしている動画が見つかり、事件が発覚した。
 金古被告は今年2~3月、別の女性2人に催眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませて乱暴したなどとして、準強制性交容疑などで警視庁に2回逮捕され、その後起訴されている。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です