教え子にわいせつな行為を繰り返した教師が逮捕されたのは、実に3回目だった。

警視庁捜査1課は4月2日、さいたま市緑区に住む都内の小学校教諭・河嶌健容疑者(46)を強姦の疑いで再逮捕した。河嶌容疑者は今年2月から3月にも、勤務する学校で女子児童が水着に着替える姿をスマートフォンで撮影したとして2回逮捕されている。

「昨年11月、不審に思った女子生徒から学校に相談があったそうです。学校は警察に連絡。河嶌容疑者の自宅を家宅捜査すると、スマホから女児を盗撮した写真や動画が20点近く見つかった。他にもスマホには、インターネットからダウンロードしたと思われる児童ポルノ画像が1000点ほど保存されていました」(全国紙社会部記者)

盗撮被害にあったのは、いずれも河嶌容疑者が担任を受け持っていたクラスの女児だった。

「河嶌容疑者のわいせつ行為は、それだけではありません。以前勤務していた小学校でも、女児をヒザの上に乗せたり、身体を触るなどの行為を繰り返していたそうです。河嶌容疑者の行動は学校でも問題視され、TBSの報道によると17年に3ヵ月の停職処分を受けていたとか。ただ事件性はないとみなされ、当時、警察に相談はされていません」(同前)

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です