絵本作家のぶみ

のぶみさんを絵本作家として一躍有名にしたのは『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)だろう。2015年7月に発売され、初版は4000部だったが、1年後には続編と合わせシリーズ累計53万部という売れ行きで、業界の注目が集まった。異例ともいえる売れ方だが、母親の死をテーマにした内容は賛否が分かれ、感動の「迷作」絵本としてSNSなどで炎上した。

 その後も頻繁に、新刊を中心に批判的な声が上がり続け、『はたらきママとほいくえんちゃん』(WAVE出版)は、働く母親を理解していないと炎上した。

 また、サンリオのキャラクター「ハローキティ」の誕生45周年を記念して、2019年2月からのぶみさんがコラボで作った「ハローキティのえほん」シリーズ(講談社)が現在刊行中だが、既刊の『まけずぎらいキティ』(2月)、『おひめさまキティ』(3月)では、行動や言葉遣いがあまりにも乱暴で、「子どもには読ませたくない」「今までのキティのイメージが崩れた」と批判の嵐。アマゾンのレビューも酷評が並んでいる。

 のぶみさんの炎上は絵本だけではない。のぶみさんが歌詞を担当しNHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の11代目うたのお兄さん・横山だいすけさんが歌った「あたしおかあさんだから」という歌は、「だい!だい!だいすけおにいさん!」(ネット動画配信サービスHulu)という番組で2018年2月1日に更新された。この歌詞に「母親には子育ての呪縛に聞こえる」など、批判が殺到。横山だいすけさんや、のぶみさん本人の謝罪コメントがSNSに上がった。しかしその後も、のぶみさんにはこの歌詞の盗作疑惑が浮上するなど炎上は続いている。

 また、内閣府の「子ども・子育て支援新制度」のシンボルマークにもなっているのぶみさんのイラストは、母子手帳の表紙にも採用されているが、「絵本作家としての資質が疑われる作家の絵は拒否!」という理由などで炎上。のぶみさんの引きこもりから暴走族、そして絵本作家という注目のプロフィールも偽装が疑われており、もはや炎上商法ではないかという声も出ているほどだ。

クズ

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます
「斎藤信実」に8件のコメントがあります
  1. レイプ常習犯です。
    こいつの凄いところは子供からBBAまでどの年代の女でもイケるところ。まさに性豪。

    1. 私の知人もうまい言葉で誘導され襲われました、逮捕されないのでしょうか?

  2. のぶみは人妻を片っ端からやりまくっています、やられる方が馬鹿なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です