「イケメンとおしゃべりができる」などとうたい、特定のコンセプトに沿った衣装で男性店員が接客するメンズコンセプトカフェ(メンズコンカフェ)で、客の女子高校生らに酒を提供したとして、警視庁少年育成課は3日までに、風営法違反の疑いで、飲食店経営者の畑中卓也容疑者(41)=東京都港区赤坂=ら2人を逮捕した。同容疑者は「開店時には未成年に酒を出さないよう指導したが、その後は怠った」と話しているという。

高額つぎ込む女子中高生も コンカフェ、「未成年には危険」

 逮捕容疑は2022年1~2月、新宿区歌舞伎町の畑中容疑者らが経営するメンズコンカフェ「NAカフェ」で、未成年と知りながら、客の女子高校生=当時(16)=とアルバイトの少女=同(17)=に酒を提供した疑い。
 ホームページなどによると、店のシステムでは、注文金額に応じて発行されるポイントで、客は好みの店員から手紙をもらったり、カラオケデートができたりする。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です