21日夜、JR岡山駅前の大型商業施設で、女性用トイレに侵入した疑いで、岡山市内の公立小学校に勤務する23歳の教諭が逮捕されました。

建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、岡山市立の小学校に勤務する教諭・竹下斗麻容疑者(23)です。
警察によりますと、21日午後9時40分ごろ、商業施設の人が、女性用トイレに入っていく容疑者を見つけ110番通報しました。
警察が駆けつけたところ、店舗の出入り口の付近で警備員と言い争う容疑者を発見し、警察は防犯カメラの映像などから逮捕しました。
警察の調べに対して「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めているということで、事件のいきさつを詳しく調べています。
警察によりますとこの商業施設では、これまでも女性用トイレに出入りする不審な人の姿が目撃されていて、この日も警戒を強めていたということです。
教諭の逮捕について、岡山市教育委員会の三宅泰司教育長は「市立小学校教諭が逮捕されたことは極めて遺憾です。事実関係を確認のうえ、厳正に対応して参りたいと考えております」とコメントしています。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です