「観光目的で来ました」

風俗店で働いていた外国人女性たちは、こう偽って来日していたようだ。

【思わず二度見】タイ人女性50人超を働かせ…違法風俗店の経営者「戦慄の素顔」写真

警視庁保安課は10月4日までに、東京都江戸川区の大場勝成(38)と妻でタイ国籍のハンブル・ワウィカ(30)の両容疑者を入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕した。2人は観光客を装い来日した23歳から38歳のタイ人女性を、経営する派遣型風俗店(デリバリーヘルス)「タイ プリンセス」で働かせていたという。

「大場容疑者らは、以前から新型コロナウイルスの影響で帰国できなくなったタイ人女性を働かせていたようです。’22年10月に入国規制が緩和されると、元従業員などに依頼し大勢のタイ人女性を雇用。この1年余りで少なくとも50人以上を雇い、約5800万円を荒稼ぎしていたとされます。

スカウトされたタイ人女性たちは、空港からデリヘル店へ直行。店の事務所で寝泊まりしていたそうです。彼女たちは2週間ほど日本に滞在し、20万円から60万円の報酬を受け取っていました。帰国後に別の女性を紹介すると、さらに1人当たり2万円のボーナスを得ていたといわれます」(全国紙社会部記者)

最近、風俗店での違法営業によるトラブルが相次いでいる。主な事件を紹介したい。

◆「飲食店」で性的サービス

’22年11月、東京都渋谷区にある「飲食店」が摘発される。複数の内部情報をもとに警察が店に踏み込むと、20代の女性従業員が30代の男性客に性的サービスをしていたとか。当該の2人や店長ら8人が現行犯逮捕された。

「店は実質的にピンクサロンでしたが、社交飲食店(キャバクラなど)に該当する風営法1号営業の許可しか得ていませんでした。女性従業員の年齢は18歳から25歳で、70人ほどが所属していた。キャッチコピーは『当店カワイイ子しか在籍していません』。店は女性従業員に、秋には運動会にちなみ体操着、冬にはサンタクロースやトナカイなどの衣装を着せていたようです」(同前)

性的サービスが行われていたボックス席は、あえて仕切りが低くされ周囲から丸見えだったという。1日にの来店者は多い時で約200人。女性従業員の指名は無料で、半年間で1億5000万円もの売り上げがあったという。

今年4月には、風俗店を経営する40代の男が児童福祉法違反などの疑いで逮捕された。男が運営していた店は「派遣型リフレ」(マッサージや指圧などで心身の調子を整えるサービス)をうたっていた。

「男は10代の女子高生を働かせ、『裏オプション』として客とわいせつな行為をさせていたようです。場所は都内のレンタルルーム。少女は、密室でのサービスで1回に数万円ほど稼いでいたといわれます。時にはサンタクロースのコスプレや目隠しをすることもあったとか。メンズ地下アイドルのライブに通うため、カネが必要だったそうです」(別の社会部記者)

様々な手口で客の気をひこうとする違法風俗店。警察は捜査の手を強めている。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です