細田博之衆院議長は13日、議長公邸内のホールで記者会見を開き、議長の辞任を正式に発表した。今後国会議員としての活動は続ける考えを示し、次期衆院選にも出馬する意向を示した。

【写真】議長の辞任を正式に発表した細田博之氏

 会見の1つのテーマは、昨年「週刊文春」に報じられた女性記者や自民党職員へのセクハラ疑惑だが、細田氏はセクハラの事実関係を否定した。「単なるうわさ話として言われていると思っている」と主張した。

 細田氏は、発行元の文芸春秋社に対する民事訴訟を起こしているが「これまでだれひとり、具体的にこういうセクハラがあったという主張がない。待っているというのは変だが、待つしかない」「公判が始まって、どなたが被害者なのか、どのようなセクハラを受けたかを聞きたい」などと主張した。

 「どうして私がセクハラ議長といわれないといけないのか。心当たりがない」と不快感を示した上で「訴訟で争うしかない。Me tooと言って現れる人はどこにおられるのですか」と持論を示した。

 記者から「(セクハラを)受けた側からは言い出しにくい」という趣旨の指摘をされたが、細田氏は「ある意味、男にとってはセクハラをしたと言われるのは大変な問題だ。本当にあったなら言ってほしいが、Me tooが1件もない」「裁判で証明するしかない」などと主張した。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です