アフリカ・コンゴ民主共和国の鉱山開発事業への投資名目で不正に出資を募ったとして、警視庁生活経済課は13日、東京都新宿区西新宿6の会社役員、船越洋平容疑者(34)ら男性4人を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕したと発表した。生活経済課は、船越容疑者らが2020年3月~21年8月ごろ、100人近くから計約27億円を集めていたとみて全容解明を進める。

 他に逮捕されたのは、鉱山開発会社「アドヴァンス工業」社長、樽本貴司(47)=神戸市垂水区高丸1▽会社役員、山本祐也(36)=千葉県松戸市松戸▽同、萩原啓三(52)=神戸市西区王塚台1――の3容疑者。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です