元オリックス内野手で、今年6月に詐欺の疑いで埼玉県警に逮捕された園部聡氏(27)が20日までに自身のSNSを更新。「6月に詐欺の容疑をかけられ、逮捕されましたが、無事不起訴処分になりました」と報告した。

 強豪、聖光学院高(福島)出身の園部氏は、高校時代のチームメートとともに、昨年3月に20代の女性をだまし、現金を振り込ませた容疑がかかっていた。園部氏は自身のYouTubeチャンネルで「友人が、個人のキャッシュカードが使えないから口座を貸してほしいと言われて、いいよと了承した。結果的に詐欺に使われた」と説明。女性とは面識がなく、「そもそもだれかわからない」「詐欺とは知らなかった」と話した。

 また、改めて「詐欺をしたようなことは間違いなく、ない。今後も一切しません」と強調。今後は、逮捕前から務めているウェブマーケティングの仕事をしながら「それ以外にもできることに取り組みたい。野球も教えていけたら」と希望した。

 園部氏は、高校時代に4季連続で甲子園に出場。2014年にオリックスに入団し、18年までプレーした。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です