東京・江東区の区長選挙を巡る公職選挙法違反事件で、柿沢未途衆議院議員から選挙前に20万円を現金で受け取った区議もいることがわかりました。

【映像】現金を配布したと見られる柿沢議員

 関係者によりますと、自民党の柿沢未途衆議院議員は、4月に行われた江東区長選挙の前に地元区議らに現金を配布したとみられています。その後の取材で、柿沢議員から陣中見舞いとして1万円を受け取った区議らのほかに、20万円を現金で受け取った区議もいることがわかりました。いずれの区議も区長選挙では木村弥生区長を応援する立場でした。

 現金提供の打診を受けたものの、断った区議もいるということです。現金の趣旨が区長選挙に協力する謝礼などであれば、買収の罪に当たる可能性もあり、東京地検特捜部が慎重に調べを進めているとみられます。(ANNニュース)

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です