できる限り長く刑務所に入ってほしいです」

証言台に立ったA子さんは、被告に対する厳罰を求めた。9月のある日、東京地裁では下田洋佑被告(36)による強姦事件の裁判が行われていた。

【閲覧注意】ひどすぎる…自称・実業家に”暴行”されたA子さんの被害写真…!

「事件が起こったのは昨年9月末。下田被告は知人のA子さんを半ば監禁状態にしたうえで4日間にわたって暴行。10月2日、駆けつけた目黒署員によって現行犯逮捕され、傷害と強制わいせつ、強制性交の罪で起訴されています。警察関係者が『ここまで酷い暴行事件はちょっと聞いたことがない』と声を詰まらせるほどの凶行でした」(全国紙社会部記者)

全国に支社を持つ大手探偵会社の代表を務めたこともあるという下田被告。

下田被告の知人がその実情を明かす。

「彼は日頃から自身のSNSでリッチな生活ぶりをアピールしていました。いわゆるキラキラ写真と呼ばれる類のものです。おかげでネット上には、彼のファンクラブのようなものまでできていた。

下田は自分のファンたちを『オーシャン』と呼び、グループラインまで作っていました。ただ、あいつがSNSにアップしていた高級外車は知り合いの社長に借りたもの。リッチな生活はあいつが作り出した虚像なんです」

「八王子の暴走族出身で一時期は暴力団にも所属していた」とも周囲に話していたという下田被告。逮捕当時の取材で、A子さんは本誌に「何度も死を覚悟した」と話していたが、公判で明かされた下田被告の犯行は彼の凶暴性がうかがえるものだった。

裁判当日は被害者のプライバシー保護のため、証言台にパーテーションを設置。傍聴席からも下田被告からもA子さんの姿が見られないような配慮のもと、公判はすすめられた。下田被告は少しやつれた様子で被告人席に座り、検察側の質問を受ける彼女の言葉に無言で耳を傾けていた。

今回の裁判の争点となっているのが「同意の有無」である。下田被告は傷害については一部をのぞいて大筋で認めているが、二人は半ば交際関係にあったとして、強制性交等の性被害は否定している。犯行が行われた当時、両者の関係は修復しており、同意の元の性交であったと反論しているのだ。8月31日に行われた公判で下田被告の弁護人は事件を「愛憎の物語」と表現。一部無罪を主張した。

一方、A子さんは、下田被告と仕事関係の繋がりで知り合ったのは約7年ほど前だと証言。事件当時、A子さんは新居探しと引っ越しのため、1ヵ月半ほど下田被告の自宅を間借りしていたという。事件が発生したのは、彼女が新居の賃貸契約を済ませ、被告宅を後にする予定日だった。

暴行の発端となったのが、A子さんが知人男性B氏と行った箱根旅行だった。下田被告は「自分に内緒でA子さんが旅行に行った」として激怒。ここから数日間にも及ぶ蛮行が行われたという。

「帰宅した下田氏が突然『お前のしていることを知っているぞ』と激昂。彼女を引きずるようにして玄関の外へと追い出すと『ビッチ、死ね。これからが楽しみだ。ざまぁみろ』『社会的に生きれないようしてやる』とのメッセージをLINEで送信。

そのうえで『これをネットに晒すからな』という言葉とともにA子さんが入浴する様子を収めた写真を送りつけています。『やめてください』と懇願する彼女に構わず、下田被告は『今、ネットにあげたぞ。みんなが見てるぞ』と返信。法廷でA子さんは写真について『撮影された覚えがないもの』と証言しています」(傍聴した関係者)

着の身着のまま家を出されたA子さんは仕方なく、新居として賃貸契約をしたばかりの渋谷の自宅マンションへと避難。すると下田被告からこんなメッセージが送られてきたという。

「今、お前の家の前にいる。ドアを開けろ」

逃げ場がないと悟ったA子さんは言われるがままドアを開けた。部屋に入った下田被告は「許さねぇ」「死ね、ビッチ」などと彼女をなじりながら、その場にあった灰皿やリモコン、アイコスを使って正座させた彼女の顔を執拗に殴打。A子さんの証言ではその後、服や下着を脱がせ、スマホを投げつけてから出て行ったという。

解放されたと安堵したのも束の間、すぐに下田被告から「身一つで今から俺の所へ来い」と連絡が入ったとA子さんは言う。身の危険を感じたA子さんが知人に「この後、丸1日、私と連絡が取れなかったら警察に行ってほしい」と告げて、目黒の被告宅へと向かった。そして再び被告による暴行が始まる――。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です