ホテルの客室から備え付けの高級ドライヤーなどを盗んだ疑いで、大学生の男が逮捕された。男は、盗んだものをフリマアプリなどで売りさばいていたという。

【画像】逮捕された十文字直樹容疑者(26)。以前にも被害に遭ったホテルが「同じ人が来ている」と通報したという。
ドライバーを使って備品“持ち帰り”

29日朝、検察に身柄を送検された茶色のサラサラヘアーが印象的な男。窃盗容疑で逮捕された法政大学の学生、十文字直樹容疑者(26)だ。

十文字容疑者は27日、宿泊していた東京・墨田区のホテルから、部屋に備え付けられていた高級ドライヤーやヘアアイロンなど9万円相当を盗んだ疑いが持たれている。

ヘアドライヤーなどは盗難予防のため客室の棚から外せないようになっていたが、十文字容疑者はドライバーなどを使い、強引に持ち去ったとみられる。十文字容疑者は警視庁の調べに対し、「ドライヤーを売ってお金にするために盗みました」と供述している。
「同じ人が来ている」被害に遭ったホテルが通報

錦糸町駅付近のホテルでは、ドライヤーが盗まれる被害が11月に6件ほど起きていた。

十文字容疑者は繰り返し犯行に及んでいたとみられ、被害総額は約50万円にのぼるという。

以前にも被害に遭っていたホテルから、「同じ人が来ている」と通報があり、駆けつけた警察官がドライヤーを発見。十文字容疑者はその場で逮捕された。

十文字容疑者は「盗んだことに間違いありません。フリマアプリで転売していた。1個1万円で売った」と供述し、売りさばく目的で盗んだことを認めている。

警視庁は、余罪についても調べを進めている。

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です