飲食店での迷惑行為が相次いだ一連の騒動で、逮捕者が出た大手牛丼チェーン「吉野家」の紅しょうが“直食い”事件。 大阪市住之江区内の店舗で、卓上の紅しょうが共用容器に自分の箸を突っ込んでかきこむようにして食べ、残った紅しょうがを他の客が食べられない状態にしたとして、器物損壊と威力業務妨害の罪に問われていた嶋津龍被告(36)。11日、大阪地裁で初公判が開かれ、嶋津被告は「(間違い)ありません」と起訴内容を認めているという。 その様子を撮影してSNSに動画を投稿して店側の業務を妨害した岡敏秀容疑者も被告とともに逮捕されている。 事件当時、『週刊女性PRIME』はこの悪ふざけコンビの素顔に迫っていた。 (以下は、2023年4月9日に配信した記事の再掲載です) ◆ ◆ ◆ 「いい歳して気味悪いことをして、何が楽しいんやろか。そんな男が近所に住んでいたなんて知らんかった。おばちゃん呆れて何も言われへんわ」(嶋津容疑者宅近くに住む70代女性) 大手牛丼チェーン『吉野家』の大阪市住之江区内の店舗で、卓上の紅しょうが共用容器に自分の箸を突っ込んでかきこむようにして食べ、その様子を動画撮影しSNSに投稿した事件が急展開したのは4月4日のこと。 大阪府警住之江署は、店の業務を妨害したなどとしていずれも大阪市西成区に住む自営業・嶋津龍容疑者(35)と同・岡敏秀容疑者(34)を器物損壊と威力業務妨害の疑いで逮捕したと発表した。 「昨年9月29日午前3時すぎの犯行。直箸で紅しょうがを食べたのが嶋津容疑者で、それをスマホで撮影してSNSに投稿したのが岡容疑者。拡散した動画によって店側は犯行店舗を特定し、清潔・安全に紅しょうがを提供するために営業中の店を約2時間45分閉め、清掃、消毒、食品の廃棄・交換などを強いられた」(捜査関係者) 岡容疑者が「おもろいことをやってや」と無茶ぶりすると、嶋津容疑者がいきなり自分の箸で紅しょうがを食べ始めたという。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます