13日早朝、北海道釧路市の繁華街で、酒を飲んでワンボックスカーを運転した疑いで、41歳の女が逮捕されました。 道路交通法違反(酒気帯び運転の疑い)で逮捕されたのは、釧路市星が浦北に住む自称・飲食店従業員の41歳の女です。 女は13日午前5時10分ごろ、釧路市末広町の繁華街で、酒に酔った状態でワンボックスカーを運転した疑いが持たれています。 警察によりますと、パトロール中の警察官が不審な動きをする車を発見し、停車させたところ、運転していた女から酒の臭いがしたということです。 その後、女の呼気を検査したところ、基準値の2倍弱のアルコールが検出されました。 警察の調べに対し、女は「お酒が抜けていると思った」と話し、容疑を一部否認しています。 また、当時、車には同乗者がいて、女は運転した理由について「内縁の夫が経営する店に客を送るためだった」と話しているということです。 警察は、女が酒を飲んだ時の状況や、同乗者が女の飲酒運転を知っていたかなどについても、詳しく調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます