約116mにわたって車で男性を引きずり、逃走したとして、警察は大阪市西成区の無職・元兼勇容疑者(20)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。 警察によりますと、元兼容疑者は今年4月3日、淀川区三国本町で車を運転中に道路を横断していた男性(39)と接触。男性が車を止めようと運転席のドアにしがみついたところ、元兼容疑者は急加速や蛇行運転などをしながら約116mにわたって引きずり、男性を転倒させ、そのまま逃走した疑いがもたれています。 男性は軽傷を負いました。 その後の警察の捜査で、周辺の防犯カメラの映像などから元兼容疑者の関与が浮上したということで、5月12日に逮捕したということです。 元兼容疑者は警察の取り調べに対して「ひき逃げはしたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということです。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます