14日朝、名古屋市で19歳の男女5人が乗った車が橋の欄干に衝突して3人が死傷した事故で、逮捕された車を運転していた男は「クラブ帰りで飲酒運転をした」と供述しているということです。 14日午前6時ごろ、名古屋市東区の矢田川橋交差点で、乗用車が橋の欄干に衝突し、いずれも後部座席にいた春日井市の19歳の女性が死亡、大学生の男性が意識不明の重体、もう1人の男性が重傷を負いました。 警察は車を運転していた春日井市の無職の19歳の男を危険運転致死傷の疑いで逮捕しました。 警察の調べに容疑を認め「午前5時ごろまでクラブで飲酒し、車を運転した」と供述しています。 警察によりますと逮捕前、男の呼気からは基準値を超えるアルコールが検知されているということです。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます