12日夕方、北海道北見市の市営住宅の共用部分に忍び込んだとして、49歳の男が逮捕されました。 この市営住宅では、玄関などが汚される被害があり、警察は男の関与について調べています。 建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、北見市東三輪1丁目に住む自称無職の49歳の男です。 警察によりますと、この男は、12日午後4時35分ごろ、北見市北進町1丁目にある市営住宅の共用部分に侵入した疑いがもたれています。 この市営住宅では、4月28日に、住人から警察に「ドアにいたずらをされている」と、玄関などの共用部分を汚される被害の相談が寄せられ、警察が張り込み捜査をしていました。 張り込んでいた警察官は、12日午後、市営住宅の共同玄関を何度も出入りする不審な男を見つけ、職務質問したところ、「共同住宅に入ったことは間違いない」と侵入の容疑を認めたため、その場で逮捕しました。 調べに対し、男は、共用部分の汚損への関与をほのめかす供述をしているということです。 共用部分の汚損は、排泄物や落書きではないということで、警察は、男が何らかの動機で汚損に関与したとみて調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます