中国に進出した海外企業が技術や情報を窃取されたり、恣意的な法改正で不利益を被るケースが増えている。平成28年から6年間、身に覚えのない罪で服役し、このほど『中国拘束2279日』を上梓した日中青年交流協会元理事長の鈴木英司(ひでじ)氏(65)が、獄中生活と「チャイナリスク」を語った。 ***

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます