同居の母親とみられる女性を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして、大阪府警住吉署は14日、殺人未遂容疑で、大阪市住吉区長居東、無職、小谷博幸容疑者(54)を緊急逮捕した。「母親の首を包丁で切った」と容疑を認めている。女性は搬送先の病院で死亡が確認され、同署は殺人容疑に切り替えて身元や詳しい経緯を調べる。 逮捕容疑は14日午前8時ごろ、自宅の集合住宅の一室で、女性の首を包丁で切りつけて殺害しようとしたとしている。 同署によると、小谷容疑者は母親と2人暮らし。小谷容疑者が同日午前8時35分ごろ、自宅から約550メートル離れた交番に凶器とみられる包丁を持参して「母親を殺した」と申告したことから発覚した。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます