大阪市住吉区で、82歳の母親を包丁で刺して殺害しようとした疑いで、54歳の息子が逮捕されました。母親は、その後死亡しました。 殺人未遂の疑いで逮捕された無職の小谷博幸容疑者(54)は、14日午前8時半ごろ、住吉区の交番を訪れ、「母親を殺した」と申告しました。 小谷容疑者のかばんには、血のあとのようなものがついた包丁が、タオルにくるまれた状態で入っていて、住吉区の自宅に警察官がかけつけると、小谷容疑者の母親の昌子さん(82)が、意識不明の状態で、血を流して倒れていたということです。 昌子さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。 調べに対し小谷容疑者は、「母の首を包丁で切ったことに間違いない」と容疑を認めていて、警察は、容疑を殺人に切り替えて詳しい経緯を調べる方針です。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます