5月14日朝、大阪市住吉区の集合住宅で、母親とみられる女性を包丁で刺して殺害しようとしたとして、54歳の男が逮捕されました。女性はその後、死亡しました。 殺人未遂の疑いで緊急逮捕されたのは、大阪市住吉区の無職・小谷博幸容疑者(54)です。警察によりますと、小谷容疑者は14日午前8時半すぎ、「母親を殺した」とタオルでくるんだ文化包丁を持って交番を訪れたということです。 警察官らが現場にかけつけたところ、首から血を流し意識のない状態であおむけで倒れていた女性を発見。女性は病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。 調べに対し小谷容疑者は「母の首を包丁で切った」と容疑を認めているということで、警察は、女性は同居する82歳の母親とみて動機や当時の状況について調べる方針です。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます