14日朝、大阪市住吉区のマンションで、54歳の男が同居する母親の首を刃物で切りつけたとして、逮捕されました。母親は病院で死亡しました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、大阪市住吉区の無職・小谷博幸容疑者(54)です。 警察によりますと、小谷容疑者は午前8時半すぎ、近くの交番に「母親を殺した」と、包丁を持って自首してきました。 警察官が容疑者の自宅で、首を切られた状態の母親の昌子さん(82)を見つけ、緊急逮捕しました。 昌子さんは、搬送先の病院で死亡が確認されました。 小谷容疑者は「母親と2人暮らし」で、「午前8時ごろにやった」と話していて、昌子さんの首には切られた大きな傷が1ヵ所あったということです。 警察は殺人容疑に切りかえて、犯行の動機などを調べる方針です。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます