沖縄県浦添市の在沖米国総領事館近くで警備中の警察官の職務を妨害したとして、沖縄県警は15日、チョウ類研究者の40代の女を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。捜査関係者によると女は現場で鉄パイプのようなものを持ち「火薬が入っている」などと話したという。 目撃者によると午前10時ごろ、警察官が「爆薬を持っているかもしれない」と周囲にいる人に避難を呼びかけ、周辺を規制していたという。この件でけが人は確認されていない。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます