13日、北海道函館市の大型商業施設で、履物に仕込んだ小型カメラを女性のスカート内に向けたとして、48歳の男が現行犯逮捕されました。 北海道迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、七飯町の自称会社員の48歳の男で、13日午後2時半ごろ、函館市石川町にある商業施設で、30代の女性の下着を盗撮する目的で、履物に仕込んだ小型カメラを女性のスカート内に向けた疑いがもたれています。 警察によりますと、男の犯行を目撃していた商業施設の警備員が「盗撮している者がいる」と警察に通報。警察官が駆け付け、現場で男と被害者の女性、警備員から話を聞き、男を現行犯逮捕しました。 調べに対し、男は「下着に興味があった」と容疑を認めています。 警察は、男の詳しい犯行動機を調べるとともに、男の小型カメラを押収して分析し、余罪についても捜査を進めています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます