札幌・中央区で5月12日、男性の顔面を殴りけがを負わせとして、2人の男が逮捕されました。 傷害の現行犯で逮捕されたのは、札幌・東区の無職の40歳男と、自称アルバイト従業員で自称17歳の少年です。 2人は5月12日午後11時12分ごろ、札幌・中央区南3条西4丁目の地下街で、無職の42歳男性の顔面を殴り、ケガを負わせたとして、駆け付けた警察官に逮捕されました。 警察によりますと、当時2人は酒に酔った状態で男性ともめていて、その場に居合わせた2人の知人が、警察に「友人が知らない人に蹴られた」と通報しました。 男性は顔などにケガをしました。 逮捕された40歳の男は「もめあった結果、相手が倒れて殴りましたが、相手からも殴られました」と供述しています。 また自称17歳の少年は「相手が自分に絡んできて、蹴られたので、腹が立って殴ったりしてボコボコにした」と話しています。 逮捕された2人と男性の間に面識はなく、警察はトラブルの経緯などを調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます