2014年にテロ組織ISIS(自称イスラム国)に加わったイギリス人女性が今、ファッション・インフルエンサーとしての活動を精力的に行って注目を集めている。ISISが勢力を拡大していた当時、自らの意思でテロ組織の占領地域に渡って戦闘員の妻になる「ISISの花嫁」たちが話題となったが、今度はSNSを舞台に再び世界の関心を集めようとしているようだ。 イギリス人女性タリーナ・シャキルは2014年、テロ組織ISIS(自称イスラム国)に加わるべく自らシリアに渡り、のちに脱出して帰国。有罪判決を受けた。服役後の現在は、人生の新たなステージに踏み出すべく、ファッション・インフルエンサーを目指しているようだ。 「ISISの花嫁」に志願した女性として世界的に有名になったシャキルは釈放後、Instagramにファッションやコーディネートのアイデアのほか、世界各地を訪れたときに撮影した写真や動画を次々と投稿していると、イスラエル日刊紙のエルサレム・ポストが伝えている。 現在34歳のシャキルが、最初にメディアを騒がせたのは9年前だった。ISISに加わろうとして、当時1歳2か月だった息子を連れてイギリスからシリアに渡ったのだ。しかし、すぐに身の危険を感じ始めたとして、3カ月後にシリアからトルコへと脱出した。 シャキルは、イギリスに帰国してすぐに逮捕された。当時は、シリアに渡ったのはISISに加わるためではなかったし、兵士と結婚するためでもなかったと主張していたが、検察官が提示した証拠から、シャキルが、ISIS兵士と結婚したスコットランド人女性のブログを読んでいたことが明らかになった。そのブログでは、シリアに渡った独身女性が、ジハード戦士と見合い結婚させられる様子が詳しく説明されていた。 さらに、シャキルがシリアに滞在していた3カ月の間、ISIS兵士との結婚を待つ女性たちと同居していたことも明らかになった。結局、シャキルは6年の実刑判決を受けた。ISISに加わり、ソーシャルメディアを通じてテロ行為に参加するよう呼びかけたことが罪状だ。 ■投稿には「fashion」を含むハッシュタグ多数 2019年に釈放されて以降は、テレビ局の取材に応じて、ISISに志願して物議をかもしたことや、AK-47ライフルと一緒に写った写真を投稿して拡散したことについて語ってきた。 そして2021年、彼女はInstagramに「That Girl Tam Tam」という名前で写真の投稿を開始した。これまでに旅してきたスペインやアルバニア、モロッコ、イタリアでの様子をフォロワーに向けて公開している。そうした投稿のほとんどに彼女は、「fashion blogger」「fashion style」「fashionista」「fashiongram」など、ファッションという言葉が含まれたハッシュタグを多く付けている。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます