東京オリンピックに向けた強化選手に選出されたこともあるスケートボード選手の男が、自宅で大麻を所持したとして警視庁に逮捕されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。 捜査関係者によりますと、大麻取締法違反の疑いで逮捕された池田大亮容疑者(22)は、去年11月に川崎市の自宅で大麻を所持した疑いで、今月9日、警視庁に逮捕されたということです。 警視庁は大麻を持っていたいきさつや動機を詳しく調べています。 池田容疑者は国内や海外の有名な大会で優勝経験があり、2019年には堀米雄斗選手や平野歩夢選手らと並び、東京オリンピックに向けた強化選手にも選出されていました。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます