キャリア官僚の男が女性に睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、わいせつな行為をした罪などに問われた裁判の初公判で、起訴内容を認めた。 経済産業省のキャリア職員・佐藤大被告(33)は2022年、東京都内のネットカフェで、知人女性に睡眠薬を混ぜた飲み物を飲ませ、わいせつな行為をした罪などに問われている。 15日の初公判で、佐藤被告は起訴内容を認めた。 一方、検察側は「ドリンクを飲んだら味が苦く、すぐに強烈な眠気に襲われた」との被害女性の供述調書を読み上げた。 佐藤被告は、同様の手口で5回逮捕されていて、15日は2つの事件について審理された。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます