経済産業省のキャリア官僚の男が女性に睡眠薬入りを飲ませて性的暴行を加えようとした罪などに問われている裁判の初公判が東京地裁で開かれ、男は、きょう審理されている2件の事件について、いずれも起訴内容を認めました。 経産省のキャリア職員・佐藤大被告(33)はこのほか、20代の知人女性に睡眠薬入りの飲み物を飲ませて抵抗できない状態にし、ホテルに連れ込んで性的暴行を加えた準強制性交の疑いなどでも逮捕されるなど、今年1月から今月にかけて5回、警視庁に逮捕されています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます