岩手県内に住む50代の男性が、「インターネットサイトの料金を払っていない」などのうその電話を受け、総額およそ1200万円をだまし取られていたことが分かりました。警察が特殊詐欺事件として捜査しています。 被害にあったのは、県北部に住む50代の男性です。警察によりますと今年3月上旬、男性の携帯電話に、政府の職員を名乗る男から電話があり、「インターネットサイトで、利用料金が払われていない。未払いだと警察に捕まる。ギフトカードを買って番号を伝えて欲しい」などと要求しました。 男性はコンビニエンスストアでギフトカードを購入し、男にカード番号を伝えました。 その後も5月上旬にかけて、男性に電話やメールで警察をかたる男などから「あなたの携帯電話からコンピューターウイルスが広がった。賠償金を支払わなければ逮捕される」といった連絡があり、男性はギフトカードを購入してコード番号を教えたり、指定された首都圏の住所に宅配便で数回に分けて、現金およそ1000万円を送付したりしました。 被害総額は合わせておよそ1200万円で、男性がおととい警察に相談し、事件が発覚しました。 警察は行政機関がギフトカードの購入や現金の送付を求めることはなく、身に覚えのない電話は一旦切り、すぐに警察に相談して欲しいと呼びかけています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます