13日未明に那覇市小禄の国道で酒を飲んだ状態で車を運転し、事故を起こしたとして、警察はゆうちょ銀行の行員を現行犯逮捕した。 酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、糸満市に住む56歳のゆうちょ銀行の行員の男。 行員は13日午前0時すぎに酒を飲んだ状態で車を運転し、国道331号線を糸満向けに走行していたところ、路肩に停車していた車に衝突した。 この事故により停車中の車に乗っていた2人が病院へ搬送され、1人が顔に擦り傷などの怪我を負っている。 事故の通報を受けて駆けつけた警察が、運転していた行員から酒のにおいがしたため、飲酒検知したところ基準値のおよそ2倍のアルコールが検出された。 警察の調べに対し、行員は「酒を飲んで運転をした事は間違いない」と容疑を認めている。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます