【ワシントン=蒔田一彦】米国の機密文書がインターネット上に流出した事件で、マサチューセッツ州の空軍州兵ジャック・テシェイラ容疑者(21)が逮捕されて13日で1か月となった。ロシアのウクライナ侵略に関する分析などが漏えいし、米国の機密情報管理の信頼を揺るがす一方、米軍の構造的な問題も露呈した。再発防止に向けた課題は多い。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます