覚せい剤約1.2キロを福岡市の自宅に郵送させ密輸入したなどとして逮捕されたベトナム国籍の女性を福岡地方検察庁は不起訴処分としました。 警察によりますと、女性(35)は3月、イギリスから福岡市内の自宅に国際航空貨物を使い、覚せい剤あわせて約1176g(末端価格約7300万円)を郵送させ密輸した疑いで逮捕されました。 覚せい剤はコーヒーメーカーの底に隠されていたということです。女性は警察の調べに、「SNSで知りあった人物から受取りを頼まれた。中身が覚せい剤とは知らなかった」などと容疑を否認していました。 福岡地検は9日付で女性を不起訴処分にしました。 処分の理由について、「起訴するに足りる証拠がなかった」としています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます