『スパイダーマン』などで知られる俳優トム・ホランド(26)が、1年以上の断酒をしていることが明らかになった。ニューヨークでの銃撃事件後に逮捕される反社会的なダニー・サリバン役で新ドラマ『ザ・クラウデッド・ルーム』に主演。このドラマがきっかけで自身の精神衛生に目を向けるようになったそうで、現在16カ月間アルコールに触れていないという。 エンターテインメント・ウィークリー誌にトムはこう語っている。「メンタルヘルスとその力について学び、ダニーと(そのモデルとなった)ビリー(ミリガン)の苦悩について精神科医に話すことは、僕自身の人生にとって非常に有益だった」 自分をストレスに陥れるソーシャルメディアなどの「きっかけを認識する」ことを学んだという。今回10エピソードのドラマシリーズを通して、トムはこれまで経験したことのないほど精神的な大きな負担がかかったそうで、「アクション映画のような肉体的な仕事には慣れている」「でも精神的な面では本当に参ってしまい、その後現実に戻るまで回復するのに長い時間がかかったよ」と続けた。 また撮影から9カ月後の出来事について、こう振り返っていた。「彼(ダニー)の中に私生活での自分を見ていた」「家で少し落ち込んで『頭を剃ろう』と思ったのを覚えている。このキャラクターを消す必要があるので、頭を剃らないとって」「当然僕たちは撮影中だったので、しないことにした。今までそんな経験したことはなかったよ」 一方で共演者たち、特に友人でルームメイトのアリアナを演じるサーシャ・レーンに支えられていたと、トムは明かしてもいた。「彼女はとても助けになってくれた。撮影現場ではダニーの理由や行動を理解するのに苦労する場面があったからね」「彼女は僕を側に呼び、本当にオープンで、自分の経験を進んで話してくれたんだ。とても役に立ったよ」 (BANG Media International/よろず~ニュース)

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます