大阪市西成区のパチンコ店に放火しようとした疑いで74歳の男が逮捕されました。「負けた腹いせ」だと容疑を認めています。 現住建造物等放火未遂の疑いで現行犯逮捕された大阪市西成区の無職の74歳の男は、14日午後7時前、西成区萩之茶屋にあるパチンコ店に放火しようとして、使い捨てライターでトイレに火をつけた疑いがもたれています。 個室トイレの便座の一部分が溶けましたが、偶然トイレに入った店員が目撃して消火し、火は燃え広がりませんでした。けが人もいませんでした。 男は、火をつける前にパチンコで1万円分負けたと話したといい、取り調べに対して「負けた腹いせに燃やしてやろうと思った」と、容疑を認めているということです。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます