一連の強盗事件の指示役とされる“ルフィ”との関連が疑われ、フィリピンから強制送還された特殊詐欺グループ4人のうち3人が再逮捕されました。これで3回目の逮捕です。 再逮捕され、けさ送検されたのはフィリピンから強制送還された特殊詐欺グループ4人のうちの渡辺優樹容疑者(39)、今村磨人容疑者(39)、小島智信容疑者(45)の3人です。 渡辺容疑者ら3人は2019年4月に仲間と共謀し、金融庁の職員などを装って埼玉県の高齢女性(70代)に「キャッシュカードが不正に使用されている」などと電話をかけ、自宅を訪問してキャッシュカード3枚を盗み、現金150万円を引き出した疑いがもたれています。 渡辺容疑者ら4人は特殊詐欺事件に関与した疑いで、これまでに2回逮捕・起訴されていて、フィリピンから日本にいる実行役に指示を出す手口で犯行を繰り返し、警視庁は被害総額を60億円以上とみています。 警視庁は一連の強盗事件の指示役とされる“ルフィ”と名乗る人物と渡辺容疑者ら4人との関連を調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます