三島署と県警生活保安課、捜査4課、組織犯罪対策課などは13、14日、多数の16歳の少女を三島市の社交飲食店(キャバクラ)で働かせたとして、風営法違反(年少者使用)の疑いで、経営者の男ら3人を逮捕した。同署などによると、未成年者をホステスとして一度に多数雇用していたのは異例で、暴力団関係者が経営に関与したとみて捜査を進める。 逮捕されたのは、三島市長伏、同店経営の男(26)、沼津市大塚、同店経営の男(30)、清水町徳倉、会社員の男(21)の3容疑者。3人の逮捕容疑は2月中旬、共謀して三島市一番町のキャバクラ「グレイス」で、静岡県東部と静岡県中部の少女2人を18歳未満と知りながらホステスとして使用し、客に接待させた疑い。 同署などによると、少女2人は16歳で、いずれも高校に通っていない。同店の家宅捜索に入った13日夜に勤務していたホステス8人のうち、2人以外にも16歳が3人いた。年少者使用の摘発は静岡県内で年に数件あるが、3人以上同時に雇う例は最低でもここ10年間はないという。 同店経営の男(26)が2020年8月、風営法に基づく社交飲食店の許可を得て営業を始めた。時給は未成年者が2300円で、成人は2500円だった。容疑者3人の役割分担や少女の勤務実態などは今後調べる。 「16歳が働いている」との匿名情報が警察にあり、調べていた。同署生活安全課は「三島駅周辺では客引きが横行している実態がある。今後も風俗店の取り締まりを強化したい」としている。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます