覚醒剤およそ10キロを保冷バッグに隠して密輸したとして中国人の男が逮捕・起訴されました。 覚醒剤取締法違反などの罪で起訴されたのは、中国籍の羅天朗被告(26)です。羅被告は先月22日、マレーシアから成田空港に到着した際、スーツケースにいれた保冷バッグの中に覚醒剤およそ10キロ、末端価格にして6億2000万円相当を密輸しようとした罪に問われています。 空港で職員が荷物を検査した際に、10個の保冷バッグに隠された覚醒剤を発見したということです。 逮捕時の取り調べに対し羅被告は「友達からスーツケースを預かった。中に入っていた保冷バッグの中身までは知らなかった」と容疑を否認しています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます