中学校の教師の男が、殺人の疑いで逮捕された事件で、男の関係先から、事情聴取の想定問答のメモが見つかったことがわかった。 東京・江戸川区立の中学校の教師・尾本幸祐容疑者(36)は2023年2月、学校の近くに住む山岸正文さん(当時63)を殺害した疑いが持たれている。 山岸さんの住宅からは、尾本容疑者のスニーカーと同じ型の土足の足跡のほか、尾本容疑者のものとみられる、血のついたマスクが見つかっている。 捜査関係者によると、尾本容疑者はこれらの状況について警視庁から聞かれた際に「土足で上がっていいと言われた」、「鼻血を出した」などと答える、想定問答のメモを残していたことがわかった。 警視庁は、尾本容疑者の説明には不自然な点が多く、うその説明をした可能性もあるとみて調べている。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます