愛知県刈谷市内の住宅に侵入し、室内を物色して窃盗しようとした疑いで逮捕されていた男性(30)について、名古屋地検が不起訴処分としました。 15日付で不起訴処分となったのは、名古屋市名東区の男性(30)です。 警察によりますと、男性は今年2月、刈谷市内の住宅に侵入し、室内を物色した窃盗未遂などの疑いで逮捕されていました。 名古屋地検は、不起訴の理由を明らかにしていません。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます