鳥取県警智頭警察署は12日、鳥取市の宿泊施設で刃物を見せ現金を要求したとして、73歳の無職の男を逮捕しました。 強盗未遂の疑いで逮捕されたのは、鳥取市佐治町の無職の男(73)です。 警察によりますと、男は10日午後1時15分ごろ、鳥取市佐治町にある宿泊施設で、ここの男性社員に対し「銭を出せ」と現金を要求しながらナイフのような刃物を見せたうえ「殺すぞ」と脅迫。しかし、男性社員が要求に応じなかったため、何もとらずその場を立ち去りました。 この宿泊施設は、1階に食堂や日用品を販売する場所があり、宿泊客以外の出入りもできるということですが、犯行当時は他の客や社員はいなかったということです。 男性社員にけがはありませんでした。 警察は、翌11日に、この宿泊施設の関係者から届け出を受け捜査を開始。そして、所要の捜査の結果、男の犯行があきらかとなり、12日、逮捕しました。 調べに対し男は「間違いありません」と容疑を認めているということです。 警察は刃物を押収。動機などについて調べを進めています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます