名古屋市東区で14日朝、乗用車が橋の欄干に衝突し3人が死傷した事故で、愛知県警は同日夜、乗用車を運転していた同県春日井市の無職少年(19)を自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。 逮捕容疑は14日午前6時ごろ、酒の影響により運転操作が困難な状態で乗用車を運転。橋の欄干に車を衝突させ、同乗していた3人を死傷させたとしている。 車には中学校の同級生でいずれも19歳の男性4人と女性1人の計5人が乗車。このうち、春日井市の無職、南怜華さん(19)が死亡したほか、同市の男子大学生(19)が意識不明の重体、別の会社員男性(19)が負傷した。死傷した3人はいずれも後部座席に座っていた。 県警東署によると、5人は名古屋市中区の繁華街・栄で14日午前5時ごろまで飲酒していたとみられ、近くのコインパーキングに止めていた乗用車で春日井市方面へ帰宅する途中だった。 署は交差点を左折しようとした際にハンドル操作を誤ってスリップした可能性があるとみて、詳しい事故原因を調べている。【熊谷佐和子】

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます