14日午後9時ごろ、兵庫県相生市若狭野町の国道2号で、大型トラックが停車していた乗用車に衝突した。車から降りて立っていた加西市北条町の男性会社員(50)がはねられ、搬送先の病院で死亡した。 県警相生署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた運送会社員の男(47)=岡山県赤磐市=を現行犯逮捕した。調べに「水筒を取ろうとして前を見ずに運転していた」と容疑を認めているという。同署は容疑を過失致死に切り替えて調べている。 同署によると、現場は信号機のある交差点の近くで、男性が何らかの理由で停車させ、車の後ろにいたところ、後続のトラックに追突されたという。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます