和歌山市で岸田総理の演説会場に爆発物が投げ込まれた事件からきょうで1か月です。逮捕された男について、和歌山地検が刑事責任能力を調べるため、精神鑑定の実施を検討していることがわかりました。 兵庫県川西市の無職・木村隆二容疑者(24)は先月15日、和歌山市の漁港で応援演説に訪れた岸田総理に向け爆発物を投げ込み演説を妨害した疑いと、火薬を無許可で製造した疑いが持たれています。 和歌山地検は木村容疑者の刑事責任能力の有無を調べるため、精神鑑定を実施するための鑑定留置を検討していることが、捜査関係者への取材で分かりました。 木村容疑者は依然黙秘を続けていて動機は明らかになっておらず、警察は押収物の解析を行い、慎重に捜査を進めています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます