中学校の教諭の男が東京・江戸川区の住宅に侵入し、男性を刃物で殺害したとして逮捕された事件で、男が作成したとみられる警視庁の事情聴取に対する“想定問答”のメモが関係先から見つかっていたことがわかりました。 江戸川区立の中学校教諭・尾本幸祐容疑者(36)は今年2月、江戸川区の住宅に侵入し、山岸正文さん(63)を刃物で複数回刺して殺害した疑いがもたれています。 尾本容疑者は逮捕前の任意の事情聴取に対し、▼「1月下旬に学校から駅に向かう途中(山岸さんから)『荷物を運ぶのを手伝ってほしい』と言われ、土足のまま3階まで運んだ」▼「家の中で顔をぶつけて鼻血を出した。(山岸さんから)血の付いたマスクは捨てておくと言われた」説明していました。 その後の捜査関係者への取材で、尾本容疑者の関係先から、こうした警視庁の事情聴取に関する“想定問答”のメモが見つかっていたことが分かりました。 尾本容疑者の説明に不自然な点が多いことから、警視庁は尾本容疑者が事件への関与を隠蔽するため虚偽の説明をした可能性もあるとみて捜査しています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます