東京・江戸川区で63歳の男性を殺害した疑いで逮捕された中学教師の男が、犯行後にアリバイ作りをしていた可能性が浮上した。 2023年2月、東京・江戸川区の住宅に侵入し、この家に住む山岸正文さんの顔や首などを刃物で十数回刺すなどして殺害した疑いが持たれている尾本幸祐容疑者。 逮捕前の任意の調べに対し、尾本容疑者は、事件前に少なくとも2回、山岸さん宅を訪れたと説明。 そのうえで、2月にも、殺害された山岸さんから「荷物を運んでくれたお礼がしたい」と声をかけられ自宅に招き入れられたなどと話していたことがわかった。 また、その後の調べで、競馬などで数百万円の損失があり、借金があったとみられることも新たにわかった。 現場付近の防犯カメラ映像などにより、尾本容疑者の事件当日の足取りも徐々に明らかになっている。 尾本容疑者が勤める中学校と山岸さんの自宅は直線距離でおよそ170メートル、歩いて5分ほどの距離。 上下黒い服を着て、山岸さんの自宅方向に歩く尾本容疑者とみられる人物。 撮影時刻は午後5時40分。 尾本容疑者は、およそ50分後の午後6時半ごろに盗み目的で山岸さん宅に侵入。 その後、帰宅した山岸さんと鉢合わせして襲った可能性があるとみられる。 侵入からおよそ10分後の午後6時39分ごろ、現場から50メートルほど離れた場所にある防犯カメラには、山岸さんの叫び声とみられる音声が記録されていた。 さらに10分余りあとの午後6時51分。 映像には、警察が駆けつけた際の様子が収められていた。 尾本容疑者がアリバイ工作をしたとみられるのは、ここから。 犯行時刻からおよそ40分が過ぎた午後7時過ぎ、尾本容疑者は学校に戻ってきた可能性がある。 中学校のシステムには、午後7時15分に尾本容疑者が学校をあとにした記録が残されていたという。 学校側は10日の会見で、事件当日の尾本容疑者について次のように説明していた。 江戸川区立松江第五中学校・荒巻淳校長「彼はその日、休暇を申請していました。半日休暇です」 午後から休みを取っていたはずの尾本容疑者。 夜まで学校にいたことになれば、勤務実態とは異なる記録となる。 この当日の行動について、尾本容疑者が逮捕前の任意の調べに「通常通りの勤務をしていて、外出はしていない」と話していたこともわかった。 事件当日の行動について不自然な説明を繰り返した尾本容疑者。 警視庁は、尾本容疑者が当日学校にいたように見せかけるアリバイ作りをした可能性があるとみて調べを進めている。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます