東京都江戸川区の住宅で住人の契約社員山岸正文さん(63)を殺害したとして区立中教諭尾本幸祐容疑者(36)が逮捕された事件で、警視庁が尾本容疑者の関係先から、事情聴取など捜査に対する想定問答とみられるメモを押収したことが13日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は、尾本容疑者が自身に捜査が及ぶことを見越して作成したとみて調べている。 尾本容疑者は逮捕前の任意聴取に「(山岸さんに)事件前に『土足でいい』と言われて家に入った」「入った際に鼻血を出した」などと説明していたが、これらの内容もメモに記されていた。警視庁はメモを基に聴取に応じたとみている。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます