4月、成田空港で中国人の男が大量の覚醒剤を密輸しようとしたとして逮捕・起訴されました。男は、覚醒剤をスーツケースの中の保冷バッグに隠していました。 中国国籍の羅天朗容疑者(26)は4月22日、マレーシアから日本に入国する際、隠し持っていた覚醒剤約10kg、末端価格にして6億円相当を密輸しようとした疑いで4月に逮捕・送検されました。 警察などによりますと、成田空港での税関検査の際、スーツケースの中に入れてあった保冷バッグから覚醒剤が見つかったということです。千葉地検は12日付けで羅容疑者を起訴しました。 調べに対し、男は「友人から『日本に持って行ってくれ』と言われ、スーツケースを預かった」「覚醒剤が入っているとは知らなかった」と容疑を否認しています。(ANNニュース)

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます