福島第一原発事故の賠償金合わせて、1000万円あまりを東京電力からだまし取った詐欺の疑いで、福島市の佐藤強容疑者と田中誠也容疑者の2人が逮捕されました。 警察によりますと2人は、2016年6月から7月ごろに、原発事故の影響で働けなくなったと、うその書類を作成して、東京電力から佐藤容疑者が約564万円、田中容疑者が約554万円の賠償金をだまし取った疑いが持たれています。 警察は2人の認否を明らかにしておらず、余罪や共犯者などについても調べを進めています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます